✅ 好発進「グランメゾン東京」に「ロンバケと下町ロケットのW焼き直し」の声!

💖 Please Visit: https://www.facebook.com/Scathc/
💖 Please Subscribe: https://www.youtube.com/channel/UCAXfnxL02GjvZ6HSXtFfCoA?sub_confirmation=1
✍   秋ドラマの目玉と呼ばれている木村拓哉主演ドラマ「グランメゾン東京」(TBS系)がスタートした。10月20日放送の第1話は、同局系で生放送された日本シリーズ「ソフトバンク対巨人」の第2戦が放送延長となり、50分遅れで放送開始。視聴率が懸念されていたが12.4%と2ケタ発進。“キムタクパワー”を感じさせる結果となった。   このドラマの放送枠である「日曜劇場」は「下町ロケット」や「陸王」などでおなじみのように、世間からは負け戦だと馬鹿にされていた弱小企業が大手企業に立ち向かい、実力でトップに上り詰めるという、努力が報われる“下剋上ドラマ”が最近の主流となっている。今作「グランメゾン東京」も、飲食業界から「日本の恥」と誤解され追放された天才的な腕前を持つシェフ・尾花夏樹(木村拓哉)がパリの三つ星レストラン「ランブロワジー」のシェフ採用試験に落ちた早見倫子(鈴木京香)に偶然出会い、世界に通用する三ツ星レストラン「グランメゾン東京」をゼロから始めるという、努力が報われる予感のする内容となっている。  「『下町ロケット』は宇宙科学開発機構の研究員だった佃航平が亡父の経営していた中小企業『佃製作所』の社長となり、大手企業を上回る性能を持つ部品製造に成功する内容ですが、今作の『グランメゾン東京』はその舞台をレストランにして、主役が阿部寛から木村拓哉にチェンジしただけ。『下町ロケット2』でライバル役を演じた尾上菊之助が今作では木村のライバル役として登場しているため、一層『下町ロケット』との類似点を感じてしまうのかもしれません。また木村演じる尾花より年上の“50歳手前”の女性シェフ・倫子というキャラクターが、『ロングバケーション』(フジテレビ系)で山口智子が演じた、モデルをクビになりカメラマンのアシスタントになった南と似ているため、木村が相手役であることも相まって鈴木が山口に“寄せている”ように見えるんです。つまり、かつての高視聴率を叩き出した2つのドラマを焼き直して、くっつけたパッチワークのようで、少々、オリジナリティに欠けているように感じます」(テレビ誌ライター)   とはいえ、人気ドラマの「いいところ取り」をした作品ならば、このまま高視聴率をキープできるのでは? …
💖 #アサヒ芸能

drama2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする